大仙市へプレハブを寄贈しました

全国的に梅雨入りし、蒸し暑い日が続いています。熱中症対策と合わせて、コロナウィルス対策も、と大変な時期になってきました。

そんな中、先日、末広運輸から大仙市にプレハブを寄贈しました。

以前は、会社の休憩所として使用していた物でしたが、最近は使用していませんでした。

コロナウィルス感染症は、日本では、一時期よりは収まってきていますが、世界的には、連日大量の患者もでています。第2波の報道もあり、油断できない状況です。

そこで、使用していないプレハブを、コロナウィルスのドライブスルー方式仮設診療所に活用してほしい。という思いから寄贈に至りました。

地域の皆様の健康に少しでも役立てていただければ幸いです。

手作りマスク

だんだんと温かい日も増えてきて、春が近く感じられる季節になってまいりました。

そんな中、世界的にコロナウィルスが猛威を振るっています。

社内では感染者は出ておりませんが、ウィルス対策は万全にしておきたいです。

ですが、ウィルス対策として必要な、マスク、アルコール消毒液の品薄状態が続いています。

アルコール消毒液は手洗いの徹底でなんとか代用できますが、咳エチケットのためのマスクの確保が課題でした。

そこで手作りのマスクを社員の皆さんに配布しています。

使い捨ての紙製ではなく、布製で十分洗えば繰り返し使用できます。

かわいい柄の物もありますが、売り物にしてもいい位の出来です。

連日ニュースでコロナウィルスが報道されていますが、しっかり対策して、今日も元気にお客様にお荷物をお届けいたします。

オプトマーカーV

今年の冬は、雪も少なく、暖冬でしたね。

当社では、「オプトマーカーV 気象庁検定センサ使用」

構内に設置しました。

冬期間の帰庫時、構内での凍結による転倒の防止と、

出発時の路面凍結の目安に役立ててもらいたく、正面玄関前の目立つところに建てました。

夏場も、熱中症の目安になると思います。

3月3日 14時の気温は7度です。